C-HRはトヨタの新世界戦略SUV。印象的なスタイリングと低燃費が魅力です|鳥取トヨペット

トヨタ発、新型コンパクトクロスオーバーSUV。 見据えたのは、世界。トヨタ発、新世界戦略SUV

C-HRのエクステリア。サイドビュー

トヨタが送り出す、新世界戦略SUV、「C-HR」。そのエクステリアが目指したものは、ダイヤモンドのブリリアントカット。ムダを削ぎ落として作り上げられたボディは、多面的で立体的なデザインに仕上がりました。

キャビンとドアサイドを一体化させ、ボディ下部を強く削ぎ落とすことで明快に際立たせた彫刻的なダイヤモンド形状と、豊かに張り出した前後ホイールフレアにより、大胆でセクシーなサイドビューを表現。
また、リヤアウトサイドドアハンドルは、ボディに一体化し存在感を抑えることで、2ドアクーペのような印象を付与しました。


C-HRのエクステリア。ヘッドランプ

フロントマスクを特徴づけるヘッドランプ切り込みの深い目頭と大きな瞳が印象的。繊細に刻み込んだライン状のパターンで、奥行きのある鋭い視線を生み出しています。

さらに方向指示器にはTOYOTAブランド初のシーケンシャルライトを採用。光が流れて曲がる方向を知らせます。


C-HRのエクステリア。リヤビュー

フロントからサイド、そしてリヤへと続くエッジの利いたラインは、受け止める光を操り、見るたびに異なる印象を与えます。

リヤビューは印象的なコンビネーションランプを中心として、シャープにまとめ上げました。バックドアと一体感のあるキャビンを大胆に絞り込み、リヤフレアとリヤコンビネーションランプを張り出させることで特徴的かつ安定感あるスタンスを表現。後ろから見ても、ひと目でC-HRとわかります。


優れた乗り心地と操縦安定性 TNGAの思想に基づいた低重心パッケージと高剛性ボディ

C-HRはTNGA採用高剛性ボディ

フロントに新開発のマクファーソンストラット、リヤにダブルウィッシュボーンのサスペンションを採用。また、大径スタビライザーの使用やアブソーバー減衰力特性の最適化などが、優れた乗り心地や操縦安定性に寄与。

ボディ接合部への構造用接着剤の使用や環状骨格構造の採用により高ボディ剛性を確保し、優れた乗り心地と操縦安定性を達成。

最小回転半径は5.2mとし、ハッチバック並の取り回しの良さを実現。1,280mmのアイポイントに加え、Aピラーのスリム化、ドアミラーの取り付け位置の工夫などにより、優れた視認性を確保し運転しやすいクルマに仕上げました。


ハイブリッドSUVの旗手ハイブリッドとガソリンエンジンをラインナップ ハイブリッドには2WDを、ガソリンエンジンには4WDを設定

C-HRのエンジンはハイブリッドとガソリンモデル

燃料消費率(燃費)

国土交通省審査値 国土交通省審査値
30.2km/L ハイブリッド 15.4km/L ガソリン

C-HRが搭載するパワートレインは、ハイブリッドとガソリンエンジンの2つをグレード別にご用意。

ハイブリッドモーターに組み合わせるエンジンは、1.8L直列4気筒DOHCエンジンで、力強さと余裕の走りを提供します。

ガソリンエンジンモデルの心臓部には1.2L直列4気筒DOHCインターターボを採用。1.2Lながらインタークーラー付きターボにより、パワフルな走りを実現しました。また、ガソリンエンジンモデルには4WDも設定しています。


先進の安全性能 安全にも妥協はない。「Toyota Safety Sense P」採用

C-HRは「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備。

これに加えて「G」「G-T」にはブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、クリアランスソナー&バックソナーなど先進安全装備を充実し、安全な運転を支援します。


特別仕様車 LED Edition


グレード・価格

ハイブリッド 2WD

G 1.8Lガソリンエンジン+モーター

2,905,200円


S 1.8Lガソリンエンジン+モーター

2,646,000円



ガソリン 4WD

G-T 1.2Lターボ

2,775,600円


S-T 1.2Lターボ

2,516,400円