トヨタ86(ハチロク)の試乗車・展示車情報、価格のことなら鳥取トヨペット

走れ、86。
ニュルブルクリンクで磨いたその走り

実路を走り込んだトヨタ車ハチロク

「ここまで実路を走り込んだトヨタ車はない」そう断言できるほど、86は、国内はもちろん欧州北米の数々のサーキットや行動で走り込みを重ねています。特に、世界最難関と呼ばれるドイツのニュルブルクリンクでは、「走る、曲がる、止まる」という基本性能を妥協なく磨き上げ、さらに計算では生み出せない感性領域のチューニングを徹底。

フロントサスは軽量かつ高剛性なマクファーソンストラット式、リアサスはダブルウィッシュボーン式。両サスペンションとも、ダンパーのフリクション特性や減衰力特性の最適化を図り、優れた乗り心地とハンドリング性能を徹底して磨き上げました。

トルセンLSD、4輪ディスクブレーキを組み合わせ、FRスポーツの在るべき姿を体現する、操って楽しさが感じられる乗り味を熟成させました。


パワートレイン

ハチロクのパワートレイン

高出力・大トルクと低重心化を両立させる最適解、水平対向4気筒直噴DOHCエンジン。

86が搭載するパワーユニットは、高出力・大トルクを幅広い回転域で味わえる「FA20」。燃料を燃焼室に直接噴射する「筒内直接噴射」と、吸気ポートに噴射する通常の「ポート噴射」を運転状況に応じて最適に制御する専用ツインインジェクターを備えた「D-4S」を採用。

吸気・排気効率を高める可変バルブタイミングを搭載した水平対向エンジンとの融合を図りました。さらに高圧縮比12.5を実現することで、幅広い回転域で高出力・大トルクを引き出すとともに、高い環境性能を両立しています。

6速マニュアルトランスミッションはシフト&セレクトのショートストローク化にとことんこだわり、トリプルコーンシンクロを採用。軽快でスポーティなシフトフィールのなかにギヤの噛み合う瞬間瞬間が手のひらから感じ取られ、確かな操作感と意のままに操る楽しさを実現します。

ATでは世界最速レベルの変速レスポンスを誇る6-Speed SPDSを採用。シフト時間の短縮とスムーズな変速を実現。パドルシフトも搭載し、オートマでありながらスポーティでダイレクトなシフトチェンジを楽しめます。

エンジンサウンドにもこだわって、緩加速時はマイルドに、全開加速時は迫力ある吸気音を室内に引き込むことで、街乗りとスポーツ走行でメリハリあるエンジンサウンドを奏でます。


エクステリア

考え抜かれた走りのためのデザイン

見た目のカッコ良さだけではない、考え抜かれた走りのためのデザイン

専用設計したFRプラットフォームをベースに、低重心・低慣性、コンパクト、軽量化などを追求した「超低重心FRパッケージ」を構築。低重心化により、トヨタ車では最も低いヒップポイント400mmを達成。

ドライバーが路面に近いためスピードをより体感でき、さらにコーナリング時に身体が揺れにくく車両の安定を実感できます。

空力面では、従来のダウンフォースを重視する空力性能を一歩進め、空気の流れを利用して上下左右からクルマを挟み込む発想「エアロハンドリング」を採用し操縦安定性を確保しています。

さらに剛性を確保した上での軽量設計も徹底。前後の重量配分を最適化するためにフロント部の軽量化を実施しています。 FRスポーツらしい意のままのハンドリングを実現しつつ、4名乗車の室内空間もしっかりと確保しました。


インテリア

人車一体を実現する、86のインテリア

インテリアも、走りのために。人車一体を実現する、86のインテリア

フロントシートは、スポーツ走行による前後左右のG(重力加速度)にも耐えうるよう、身体を深く面で支えるシートバックとクッション断面を追求。身体の軸がぶれず、かつ車両の挙動をしっかり感じ取ることができます。

足元には、スポーツアルミペダルを採用し、精悍な印象に。クルマの情報を視覚から捉えるコンビネーションメーターは、タコメーターを中心に配した3眼タイプを採用。表示配置をはじめ、目盛り、数字の書体にまでこだわるなど、スポーツ走行中の視認性・瞬読性を追求しました。

86を操るステアリングホイールはトヨタ車最小径の362mm。テストドライバーと確認を重ね、握ったときに自然と脇がしまるようグリップ断面形状を最適化するなど、操舵性と握り心地を徹底的に追求しました。


グレード・価格

G(6AT)

2,647,080円


G(6MT)

2,623,320円



GT(6AT)

3,048,840円


GT(6MT)

2,981,880円



GT“Limited”(6AT)

3,250,800円


GT“Limited”(6MT)

3,183,840円