インテリア・シート表皮

室内装備・室内空間

'.$imgobj_pc['alt'].'
【1】フロントコンソールトレイ、フロントカップホルダー(脱着式/2個)
'.$imgobj_pc['alt'].'
【2】グローブボックス
'.$imgobj_pc['alt'].'
【3】ドアポケット
'.$imgobj_pc['alt'].'
【4】インパネ小物入れ
本革巻き3本スポークステアリングホイール+ステアリングスイッチ(AT車[パドルシフト付])

操舵性と握り心地を徹底的に追求。
トヨタ車最小径ステアリングホイール

ステアリングには、俊敏な操作に適したトヨタ車最小径*1 362mmの真円タイプを採用。テストドライバーと確認を重ね、握ったときに自然と脇がしまるようグリップ断面形状を最適化するなど、操舵性と握り心地を徹底的に追求しました。また、ドライバーの体格に合わせて、ステアリングを運転しやすい位置に調整できるチルト&テレスコピック機構を全車に標準装備。GT“Limited・Black Package”とGT“Limited”、GTにはステアリングスイッチを採用し、よりドライブに集中できる操作性を確保しています。

本革巻き3本スポークステアリングホイール
[Gを除く全車に標準装備、Gにメーカーオプション]

ウレタン3本スポークステアリングホイール
[Gに標準装備]

■写真は本革巻き3本スポークステアリングホイール+ステアリングスイッチ。
*1.2018年7月現在。
スポーツアルミペダル

ドライバーの足もとへのこだわり。
スポーツアルミペダル/ニーパッド

ペダルには、精悍な印象を強調するアルミ製を採用。またスポーツ走行時に、膝を支え、より安定した運転姿勢を保つニーパッドを、運転席・助手席両側のドアトリムとセンタークラスター側面に設置。ドライバーのパフォーマンスを十分に引き出せるよう配慮しました。

[Gを除く全車に標準装備、スポーツアルミペダルのみGにメーカーオプション]
走りの楽しさを感じ取れるフロントシート

スポーツ走行によるGから守る。
フロントシート

スポーツ走行による前後左右のG(重力加速度)にも耐えうるよう、身体を深く面で支えるシートバックとクッション断面を追求。身体の軸がぶれず、かつ車両の挙動をしっかり感じ取ることができます。加えて、シート前端部をペダル操作時に足を動かしやすく、かつシートサイド部をシフト操作時に肘が当たりにくいように考慮し設計しています。

■“アルカンターラ®”は、アルカンターラ社の登録商標です。
■写真のシート表皮は本革×アルカンターラ®(レッド&ブラック)。
■写真は助手席側。
フロアマット

ペダル操作をしやすくした専用設計。
フロアマット

コントロール性能のなかで重要な要素を占めるペダル操作に配慮し、ペダルとマッチしたフロアマットを全車標準装備。運転席側にはヒールパッドを設定しています。
マニュアルエアコン(ダイヤル式)

直感的な操作フィーリングを実現。
オートエアコン

オートエアコンには、カチッカチッとした操作感の8角形ダイヤルや、押した感覚が分かるピアノタッチスイッチを採用。直感的な操作フィーリングを実現しています。

[Gを除く全車に標準装備]
スマートエントリー&スタートシステム

エンジン始動からそのままシフト操作へ移れる工夫。
スマートエントリー&スタートシステム

スマートキーを携帯していれば、キーを取り出すことなくドアの施錠・解錠が可能。さらに、ブレーキ(MT車はクラッチ)を踏みながらエンジンスタートスイッチを押すだけでエンジンが始動します。なおエンジンスタートスイッチは、ドライバーの手が始動からそのままシフト操作に移れるよう、あえてセンタークラスター内に配置しています。

[Gを除く全車に標準装備]

■スマートエントリー&スタートシステムの室外検知エリア(ドアの解錠・施錠)は左右ドア・トランクのドアハンドルから半径約0.7m以内となります。

⚠︎注意
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波によりそれらの機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカー等の機器を近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできます。
インデックスシステム

ドアの閉まり性を向上させる。
インデックスシステム

ドアを開けた瞬間、ウインドゥがわずかに下がるインデックスシステムを全車に搭載。ドアを閉める際、室内の圧力を逃がすことが可能になり、ドアの閉まり性向上に貢献します。
トランクスペース

タイヤ4本を収納できる広さ。
トランクスペース

一体可倒式を採用したリヤシートは、シートバックを前倒しにするとトランクスルーに。生み出されたフラットで広いトランクスペースは、サーキットに移動してスポーツ走行を楽しむ方の利便性に配慮し、タイヤ4本と工具類の収納を可能にしました。ゴルフバッグなら2セットまで収納できるスペースを確保しています。

■ゴルフバッグや、その他荷物は、サイズや形状によっては収納できない場合があります。
後席スペース

大人2名が、しっかり座れる。
後席スペース

スポーツカーらしいタイトなボディのなかに、2+2シーターを実現。フロントシートバック形状の工夫によって、後席膝まわりのスペースを確保し、加えて良好な後方視界と快適に座れるシートバック高を両立するなど、いざという時2人がしっかり座れる空間を確保しています。
アシストパッド/助手席ウォークイン機構/運転席前倒しストラップ

乗り込むことが楽しくなる乗降性。
アシストパッド/助手席ウォークイン機構/運転席前倒しストラップ

ドアを開け、いざ日常から非日常へ。86はその高揚感を大切に考え、電動ではなくあえてマニュアルシートを、そしてスカッフプレートのそばに滑りにくいアシストパッドを配置し、自らの手で乗り込む感覚を演出。過度な乗降性ではなく、乗り込む楽しさの部分を追求しました。一方、後席は乗降性に配慮し、レバー操作で助手席シートバックの前倒しと、前方へのシートスライドが簡単に行える、助手席ウォークイン機構を設定。運転席側についても、運転席シートバックを容易に前倒しできるストラップを装着し、後席乗員がスムーズに降車できるよう配慮しています。

アシストパッド
[Gを除く全車に標準装備]

助手席ウォークイン機構
[全車に標準装備]

運転席前倒しストラップ
[Gを除く全車に標準装備]
スピーカーレイアウト

こだわる人にふさわしい、上質な音響空間。
スピーカーレイアウト
 

8スピーカー
[Gを除く全車に標準装備]
2スピーカー
[Gに標準装備]
カスタマイズ性

自分だけの1台を楽しむために。
カスタマイズ性

86は、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」というAE86の精神を受け継ぎ、カスタマイズを前提に開発されたクルマです。エンジンやプラットフォームなどクルマの根幹をなす部分については、妥協なくつくり込む一方、サスペンションやインテリアなどはユーザーが思う存分こだわりを注ぎ込めるよう、カスタマイズのしやすさに配慮しています。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
■画面はハメ込み合成です。
■一部の写真は合成・イメージです。
■標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
■シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。