安全性能

carlineup_toyoaceroutevan_equip_safety_4_02_pc

予防安全(2.0tonシリーズ)

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートするプリクラッシュセーフティや車線逸脱の可能性をドライバーに伝えるレーンディパーチャーアラートなど、先進の予防安全装備を搭載。コーナリング時などの横すべりを抑え、安定した走行を確保するVSC*1[車両安定制御システム]も標準装備しました。
*1.VSC:Vehicle Stability Control(車両安定制御システム) 
carlineup_toyoaceroutevan_equip_safety_1_03_pc

衝突安全

キャビンの剛性強化を図るため、コンピューターによるシミュレーション解析などにより、フロアメンバーの強化やサイドドアビームの効果的な配置などを実施した高剛性ボディを採用。また、万一の事故の際に前方からの強い衝撃を感知して作動、シートベルトの働きと合わせて乗員の頭や胸のダメージを軽減するSRSエアバッグなども設定しています。

*2.助手席SRSエアバッグ、助手席プリテンショナー機構付シートベルト、助手席シートベルト非着用警告灯、助手席サンバイザー、助手席アシストグリップ(2個)<2.0tonシリーズのみ>はセットでメーカーオプション。

■ 写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態をイメージしたものです。
■ SRSエアバッグおよびプリテンショナー機構は、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
■ SRS(乗員保護補助装置):Supplemental Restraint System
■ SRSエアバッグはシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
■ 助手席SRSエアバッグ装着車においてチャイルドシートなどを助手席に装着する際には後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱書をご覧ください。